老人ホームにかかるお金の相場

2018.06.09
高齢になると体が不自由になり、自立した生活が難しくなってしまいます。
家族の介護があれば良いのですが、共働きの現代人が多いので老人ホームの入居を検討される家族も多いでしょう。
しかし、そこで気になるのが入居や毎月の費用です。
どのくらいが相場なのか、特別養護老人ホームと有料老人ホームの費用相場についてご紹介しましょう。


■特別養護老人ホーム(特養)の費用相場

特別養護老人ホームは公的機関が運営している施設で、比較的安く入居できることから人気があります。
利用にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

【介護サービス費】
特養の場合、介護度や居室タイプによって費用が異なり、介護度が高いと高額になるのが一般的です。

・相部屋、個室の場合
1万6000円から2万4000円程

・個室の場合
1万6000円から2万4000円程

・ユニット、準個室の場合
1万8000円から2万6000円程

【居住費】
居住費は家賃や光熱費が当てはまり、特養では設備が揃っているので家具などを用意する必要はほとんどありません。
かかる費用は1万円から6万円程です。

【食費】
1日3食提供されるため、1日1食だけでも3食分が要求されます。
しかし、外泊や入院で数日間施設を空ける場合は停止することが可能なので、その分は請求されないので安心してください。
食費は4万円が目安です。

【日常生活費】
医療費や理美容費、入場料を必要なレクリエーション、嗜好品などの費用です。
この費用は1万円前後を目安にしておきましょう。

【月額費用の相場】
特養では入居一時金が発生しないので、月額費用での支払いになります。
上記の内訳で考えると10万円から13万円程の相場となるでしょう。


■有料老人ホームの費用相場

有料老人ホームは公的機関ではなく、民間企業などが運営する施設です。
介護度の幅が広く、自立した生活ができる高齢者も入居できる施設もあります。
介護や医療サービスが手厚い分、特養比べて費用は高額と言われていますが、どのくらいの相場となるのでしょうか?

【入居一時金】
入居の際に数十万円から数百万円の入居一時金の支払いを求められるケースがほとんどです。
その場合、償却期間が決められており償却期間内の退去なら未償却分が戻ってきます。
入居一時金がない場合は月額費用がやや高めになります。

【介護サービス費】
介護保険により負担は1割から2割に抑えられるため、費用は2万円から3万円程です。
サービス内容や人員体制などによってサービス加算も支払うこととなります。

【居住費】
特養と同じく家賃や光熱費が当てはまり、目安相場は6万円程です。
有料老人ホームの場合は家具を持ちこめるため、購入する際はその分も見積っておきましょう。

【食費】
食材や維持管理費、もしくは業務委託の費用が含まれています。
かかる相場は4万円から5万円程です。

【その他費用】
個人が日常的に使うものや管理費、介護保険から外れるサービス費、交通費などです。
1万円から5万円が相場となっています。

【月額費用の相場】
月額費用は20万円から30万円以上が相場となり、特養よりも高いことが分かります。
特に入居一時金は高額なので、その点を理解して入居しましょう。


老人ホームや施設の規模や設備、介護サービス、要介護、立地など様々な条件でかかる費用が異なります。
選ぶ時は費用についてしっかり調べ、同時にどんなサービスや設備があるのか、施設やスタッフの雰囲気も確認してから入居先の老人ホームを決めましょう。
お役立ち情報一覧へ戻る