本格的な夏が始まりましたね。

2018.07.11

こんにちは!相談員の吉田です。

大阪市で有料老人ホームをお探しの方は実績豊富な当紹介センターにお任せください。

 

本日は当紹介センターの近隣でもある日本三大祭りでもある天神祭りについてお話しします。

 

大阪の“天神祭”は、東京・神田祭、京都・祇園祭とともに日本三大祭りのひとつと言われ、毎年130曼人もの人が訪れる夏の都市大祭りです。

天神祭りは、大阪市内の天満にある大阪天満宮の氏地を中心に、毎年、宵宮が7月24日、本宮が7月25日に定められ、にぎやかに行われます。

また、この日までの間に様々な行事が行われ、天神祭ギャルみこしや奉納花火なども天神祭の賑わいをもたらす行事として定着しています。

神様にご覧いただくために本宮の日に打ち上げるのが「奉納花火」です。

私たちはそれを陪観させていただくという立場にあります。

船渡御が始まり、しばらくして辺りがだんだんと暗くなってきたころ、神様のご奉納する打ち上げ花火が開始されます。

大川を挟み二か所から打ち上げられる花火は総数3000発~。

 

毎年、天神祭宵宮の前日、7月23日に天神橋筋商店街を巡行するギャルみこし。

一般応募でその年に神輿を担ぐ女性たちが選出され、重さ200㎏もある神輿を元気よく担ぎながら天神橋筋商店街を巡行し、大阪天満宮に宮入します。

ギャルみこしは、天神祭りに華をえる行事として有名です。

ブログ一覧へ戻る